『カフェイン』のさまざまな効用

Coffeeに含まれる成分として最も有名な『カフェイン』!!

 

主な効用として

 

①眠気覚まし(神経の興奮作用)

 

②利尿作用(尿の排出を促す作用)

 

③自律神経活性化作用

 

④集中力増加作用

 

⑤運動能力向上作用

 

などが挙げられ、広く認知されています。

 

 

誤って理解されている方も多いと思いますが、焙煎度合いが『浅煎り』なほどカフェインは多く含まれます。(カフェイン含有量:多い = 浅煎り>深煎り)

カフェインは焙煎過程において分解される性質があるのがその理由で、イタリアンロースト(Coffee豆が黒と感じる程度)くらいまで煎り進めると90%近くなくなってしまいます。

深煎りのCoffeeの方が色が濃く刺激が強そうに思われがちですが、見た目に反して浅煎りの方がカフェインが多く含まれ刺激が強くなります。

 

 

仕事や勉強の眠気覚ましのリフレッシュとして利用される事も多いCoffeeですが、仕事の〆切・受験勉強の追込み時などにおススメの活用法は!

 

『 Coffeeを1杯飲んで、20分くらい仮眠する 』 ことです。

 

『Coffeeを飲んだら眠れない!』と思われる方も多いかと思いますが、Coffeeに含まれるカフェインが脳に届くのは飲んでから約30分後と言われています。20分くらいの仮眠終了後からちょうどカフェインが効き始めます。

 

生活環境や体質などにも左右されるものだと思いますし、単純に『 Coffeeでリフレッシュ!更に頑張るぞ!! 』と気軽に楽しんでいただきたいと思います。

 

よろしければ参考になさってください。