日本におけるバリスタの役割

シアトル系カフェ(Starbucks・Tully’s Coffee など)の進出により、認知度が高まった『バリスタ(Barista)』

本場イタリアではバール(Bar)でサービスを提供する人を意味し、Coffee(Espresso)だけではなくアルコールにも精通している人を意味します。

 

日本ではCoffee(Espresso)とアルコールを本格的に提供する店は少ないので、ドリップ系の喫茶店『マスター』と区別して、Espressoのプロとの意味で認識されています。

 

別項でご紹介した通りドリップ系同様にEspressoの世界も奥深く、マシンで抽出するにも関わらずバリスタの良し悪しによって、天と地ほどにその完成度は異なります。

 

完成された日本のバリスタのレベルは高く、JBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ)から世界大会のWBC(ワールド バリスタ チャンピオンシップ)に出場して優勝された方もいらっしゃいます。

 

まだ歴史が浅く(Starbucksの日本初上陸は1996年)、確立して定着したとは言えないEspresso系Coffee。

時間と歴史を重ねて、ご家庭でもEspressoを抽出して楽しむくらいに日本人のライフスタイルに浸透して、バリスタの需要が高まる様になることを願います。

 

よろしかったら参考になさってください。