目でも楽しめる!カプチーノ(ラテアート)☆

Espressoのアレンジドリンクとしても、そうでなくても認知度が高いカプチーノ(ラテアート)☆ Espressoアレンジドリンクの代名詞と言えると思います。

美味しいカプチーノ(ラテアート)とは見た目も『美しく』、表面は『艶やか』で、Espressoとミルクが混然一体となり口当たりも『なめらか』なものをさします。

 

 

*表面がカップ淵のEspressoのラインよりも一段下がって、『クレマリング』が形成されたカプチーノ(ラテアート:ロゼッタ)

 

 

その絶対条件として、

 

①濃厚クレマのEspresso

②きめの細かい適量の空気を含んだスチームドミルク

③体に滲み込むまで繰り返した練習

 

が必要となります。

 

①については、前述のEspressoの項をご参照ください。

 

 

②については、前述のミルクスチームの項:基本原理をご理解いただいたうえで、ポイントとしては

 

・『だいたいこの辺り』ではなく、ピンポイントでスチームノズルの位置を固定して空気を取込んでください。

 

『適量』=『(空気を取込む)時間』と捉え、取込みの『音』で判断してください。

『取込み』は一瞬で!『攪拌』に時間をかけ、細かく泡を砕いてください。

毎回同じスチームドミルクが作れるよう、体に滲み込むまで繰り返し練習してください。

 

*③の描き方よりも、こちらの方が重要です。同じ質のスチームドミルクで練習しないと、うまく描けなかった原因もわからず時間とお金の無駄になってしまいます。

 

 

③については、繰り返し練習をしてコツをつかむ以外にありません。ポイントとしては

 

毎回同質のスチームドミルクで練習してください。

 

・Espressoに『なじませる』(描く前の表面の状態を整える)量をミルクをまわし入れる『回数』で固定してください。

 

・繰り返し練習してください。

 

 

(ロゼッタ=リーフの描き方のコツ)

・カップはあまり傾けない。(気持ちていど傾ける。)

・Espresso全体になじませるように『2回』ミルクをまわす。

・カップ中央にミルクをおとし、その場で『3回』左右にピッチャーを振る。

手前に引きながら『3回』、振り幅を抑えてピッチャーを左右に振る。

ピッチャーを上げながら縦にきる。

 

*参考までにお試しください。機械的にお試し頂きミルクが浮いて形になってきたら、ご自身のやり方で微修正された方が効率的かと思います。

 

 

何も考えず目でも楽しんで、美味しくリフレッシュ頂けたらと思います。

頭の片隅に置いておくと、日々のカプチーノ(ラテアート)がより美味しくなることを願って!

 

よろしかったら参考になさってください。

 

(*現在は喫茶営業は行っておりません。)

 

 

*ロゼッタとハートをあわせた『スローイングハート』のラテアート