イマジネーションで創る理想のEspresso

Espressoの風味(味)づくりで1番重要なのは、まず『理想のEspressoの風味(味)と抽出』をイメージする事だと私は考えます。

その為には、美味しいと感じるEspressoを飲んだ経験が無いとなりません。抽出ライン(Espressoの落ち方)も把握しておきましょう。

 

先に述べたCoffee豆についての知識・ペーパードリップで抽出したCoffeeの風味(味)・焙煎度合いなどから類推して、Espresso用の豆を選び焙煎してブレンドしていきます。

別項で詳報いたします『詰める(使用する)Coffee量』を設定し、『挽き目(メッシュ)』を調整して、タンピング圧(圧縮調整圧)を固定し、実際に抽出を繰り返し風味(味)を確認して、納得いくまで何度も微調整していきます。

 

既成概念を無くし、ブレない理想を追求して何十回もトライ&エラーを繰り返して到達した!

私が理想とするEspressoは、

 

①濃厚なクレマ(微細な泡の層=タイガースキン)を形成し

②ガツンと濃厚なアロマ感をもち、『コクの重層的な甘み』を強調した

③27~28mlで(クレマも含めた量)

④『ねずみの尻尾』の様なラインで、32~34秒ほどで

 

抽出されたEspressoとなりました。

 

外せない要諦はおさえてますが、Espresso界で『標準的』と言われているものとは異なります。

『0』から創りだすものなので、『標準的』に引っ張られそうになることはあります。そこで重要になってくるのがイメージしたブレない理想の追求になってきます。

何度も述べてきた『Coffeeに決まりはございません』ですが、実践するには『ブレない意志』が必要だと実感します。

 

Espressoだけでなく、Coffeeも人生も☆イマジネーションで創りあげるものですね。

よろしければ参考になさってください。

(現在は、喫茶営業は行っておりません。)

 

*ボトムレスホルダーで、抽出過程が分かり易いようショットグラスに抽出しています