『膝が曲がらなく』・『足が短くなる』理由

500円玉ハゲ


 

『膝が曲がらない(=可動域制限)』が発生する理由

 

 

『足が短くなる』が発生する理由

 

 

実体験を通して私は理解しています。(医学的に間違っている場合はご了承ください。)

 

実際に『骨融合最優先』で進められた私の右足は!

『骨と皮と凝り固まった多少の筋肉』だけの細い棒になり!!

テレビの催眠術にかけられた状態のように膝は曲がらず!!!

正常な左足に比べて、大台と言われる5cmをこえて『6cm』短縮していました!!!!

 

 

人間の身体が固定して動かさないと『固まる』という現実に直面していた私にさらに追い打ちをかけるように!

意識不明期間も含めて『寝たきり同姿勢』状態が長かったため、気づいたら頭には大きな『500円玉ハゲ』までクッキリとできていました。

 

 

* 画像はイメージです。

 

現在の私に残っている後遺障害は、『膝関節の可動域制限』のみとなります。

この点だけは!『最先端の医療』と『ド根性』をもってしても克服することができませんでした。

でも諦めてはいません!!

16年経った今でも、独自のリハビリは継続しています。

特に正座をしたい訳ではないのですが、『死ぬまでに正座してやる!』と思っています。

 

その他の治療等については、時系列で詳報させていただきます。