突きつけられた現実

右足が短くなる!!


麻酔が醒めてきて頭の中が『い・た・い!!』のみに支配されていた私に(手術)担当医は、それに勝るとも劣らない!手術結果報告、術後予見を伝えてくれました。

 

端的にまとめると以下の7点となります。

 

①.何とか骨は繋いだが不安定でグラグラ。約3ヶ月はギブス固定で骨融合を最優先とする事。

②.①により、骨とその周辺組織が『癒着』・『拘縮』し、腱などと一緒に『骨化』して固まる事

③.①、②により膝関節に可動域制限が生じる事。

④.(手術)担当医の経験上、『上手くいって可動域は30度程度』である事。

⑤.粉砕した骨を取り除き残った骨を何とか繋ぎあわせた為、右足が左足よりそうとう短くなる事

⑥.股関節のボルトは『チタン』とし、一生からだから取り出さない事

⑦.大腿骨骨頭部分には『骨頭壊死』の危険性があり、その場合は『人工関節』に置き換える事。

 

 

* 画像はイメージです。

 

全てクリアした『今』だから言える事ですが、冷静な判断と説明だと思います。

 

が!術前説明もなく(家族が代理で署名捺印)、恐ろしいほどの痛みが残る中で聞かされた私は!!

『何のために手術したんだよ(怒)』

『他人事(ひとごと)だと思いやがって(怒・怒)』

『好き勝手言ってんじゃねーよ(怒・怒・怒)』

としか思えませんでした。

 

結果から言うと…右足に後遺障害(膝関節可動域制限)は残りましたが、①から⑦まで全て!(手術)担当医の予想をはるかに上回り!!クリアする事ができました☆

この右足の再生のために!約2年半という時間が掛かってしまいましたが…。

 

回復状況・闘病生活・リハビリなどについては別項で詳報いたします。

どの様な疾患でも同様だと思いますが、前述した通り!

闘病生活で1番大切なのは『精神力(折れない心)!!』だと思います。

私も宣告されたこの時に、『ゼッタイ!自分の足で普通に生活してやる!!』と決意しました。