アイスCoffeeと味覚の関連性

一般的にアイスCoffeeでは、焙煎度合が『深煎り』の豆が適していると認識されています

その大きな理由は2つあり、人の味覚が関係しています。

 

・人が感じる5味(甘・酸・苦・辛・塩)のなかで、『涼感』を感じるのは『苦』であるため。

 

人が味を敏感に感じるのは口にするものが体温と同じくらいの時であるため、冷たいものに対しては鈍感にります。そのためCoffeeの味をしっかり感じられるように。

 

とされています。

理にかなっており、『深煎り』豆で淹れたアイスCoffeeはキリッとして美味しいです。

 

 

*ロックアイスで急冷したアイスCoffeeの1例

 

ただ 468 SiMBA Coffee の焙煎度合いは最も浅煎りでも『中煎り』ですので、

 

Coffee豆を通常の1.5倍前後の量を使用し(1.5倍を目安にお好みで!)

 

メッシュ(挽き目)を通常より細かく(グラインダーの最も細挽きを目安にお好みで!!)

 

③通常通り抽出し、氷を敷き詰めたグラスに注げば!!!

 

イツモノ『お気に入り』のCoffeeをアイスでも美味しく楽しんで頂けます。

 

①・②により、味覚による2つの理由を克服可能だからです。

 

当店のお客様はその様にして、夏場もイツモノ『お気に入り』のCoffeeでアイスCoffeeを楽しんでいらっしゃいます。

 

アイスCoffeeの抽出方法は様々ございますが、当店では『煎りたて・挽きたて・淹れたて』『3たて』が最も美味しく楽しめると確信しておりますので、①~③の方法でホットCoffeeを氷いっぱいのグラスで急冷して、お手軽に楽しむ事をおススメしております。

 

①でCoffee豆の量を調整して、②で挽き目を調整する以外は、通常と同じ作業となりますのでお手軽で、いつもの風味(味)の明確な基準もございますので、比較しやすく、調整も容易となります。

 

私は夏場もホット派です。

当店のお客様もホット派が多数となりますが、どうしても暑すぎてスッキリしたい時!お客様のリクエストが『アイスで!!』という場合もございます。

 

その様な場合に備えて!

よろしかったら参考になさってください。