名医☆ふたり☆☆

韓国から来た救世主


病院を転院する度にカルテを見たお医者様に必ず言われた言葉は、

 

①『よく生きてたね!?!』

②『よく繋いであるねぇ!!』         の二言でした。

 

①については、『運(=運命)』としか言い様がないのですが、

②については、『脱臼』して骨盤から外れた『開放性大腿骨複雑粉砕骨折』の事を指します。

 

疾病部位の手術等に関しては別項で詳報いたしますが、実際に外科手術を行った2回の手術。

・先に行った『右大腿骨骨接合術』=整形外科(約8時間)。

・その1週間後の『頬と顎』の骨折に対する『顎間固定術』=形成外科(約4時間半)。

 

どちらも大手術で、

 

 

 

* 画像はイメージです。(市立病院だったので、医療レベルに反比例したボロイ病院でした。)

 

その手術を行ったのが!

どちらも『韓国人の先生』でした!!

 

国籍うんぬんは問題ないのですが、チョッと性格に “ クセ ” がある『名医☆ふたり☆☆』は、

見事な施術で私を救ってくれました。

 

『医学の道』を究めようと外国(=日本)に来て『武者修行』している “ ふたり ” は!

私にとって “ 韓国から来た救世主 ” となりました☆☆☆