『カプチーノ』、『カフェ・ラ・テ』と『カフェ・オ・レ』のちがい

イタリア発祥の、『カプチーノ』と『カフェ・ラ・テ』。

明確なちがいは、『ミルクの加え方』となります。

 

どちらもベースはEspressoで、泡立てた温かいスチームドミルクを加えて作ります。

 

 

・『カプチーノ』:スチームドミルクの『泡』と『液体』の両方を加えます。

 

 

*カプチーノの一例

 

 

・『カフェ・ラ・テ』:スチームドミルクの『液体』を中心に、最後に泡を少量加えます。

 

 

*『カフェ・ラ・テ』の一例

 

 

この『ミルクの加え方』で完成したCoffeeの風味(味)・舌触りなどは大きく変わってきます。

見た目にも違いがハッキリと認識できるかと思います。

 

 

伝統的に認識されている『ちがい』となるとこの様に定義づけますが、実際の店舗などでは決してそうばかりではありません。『カフェ・ラ・テ』では温めたミルクのみを加えるという店舗もありますし、『ラテアート』を注文する時も店舗によって『ラテアート』=『カプチーノ』の店舗もあれば、『ラテアート』=『カフェ・ラ・テ』の店舗もあります。

 

 

 

『カフェ・ラ・テ』と混同されがちなのが、フランス発祥の『カフェ・オ・レ』。

根本的な違いは、ベースがEspressoではなく、ドリップCoffeeを使用する点です。

ミルクに関しては温めたミルクのみを使用する店舗が多いようですが、店舗によっては『泡』も加える場合もあるようです。

 

 

各店舗によって求める風味(味)、お客様のご要望も異なるため明確な定義は存在しません。

そもそもコーヒーに決まりはございません。

一般的に認識されている『ちがい』として参考になさってください。