美味しさの秘訣☆『蒸らし』☆の効用

先にご説明いたしました『Coffeeの量・挽き目(メッシュ)・湯温・抽出スピード・抽湯(そそぎ方)』よりも、美味しいCoffeeの秘訣は!『十分な蒸らしがおこなわれ、Coffeeドーム(Coffee濾過槽)が上手く作れるかどうかにかかっています。』

 

 『蒸らし』とは、少量のお湯を粉全体に滲み込ませ30秒程度おいてCoffee濾過槽を形成し、お湯がCoffee粉全体にまんべんなくいきわたる様にする作業のことです。これにより、Coffeeのうまみ成分を余すところなく抽出することが可能となります。

 

Coffee粉にお湯が沁み込むと、多孔質のCoffee粉は膨張し、蒸気で蒸され開いた状態となり、厚みのある濾過槽を形成します。私は見た目から『Coffeeドーム』と呼んでいます。

 

『淵には絶対にかけない!!』=『Coffeeドーム(Coffee濾過槽)』を壊さないとも言えます。

 

 

具体的な作業としては、

 

①ドリッパー内のCoffee粉を平らにならし、中心部に『の』の字を描くように『そっと』

お湯をそそぎます。(淵には絶対にかけない!!)

お湯の勢いが強すぎると膨らまずへこんでしまうこともあるのでご注意ください。

 

②Coffee粉全体にお湯が沁み込んだ目安は、うっすらとサーバーに垂れる程度。

 

③Coffee粉が膨張し『Coffeeドーム』が形成されるので、30秒程度そのままおく。

 

ここまでが、先にご説明した美味しいCoffeeを抽出する前段階の準備となります。

Coffeeドームが上手く形成され、『Coffeeの量・挽き目(メッシュ)・湯温・抽出スピード・抽湯(そそぎ方)』にご留意いただければ、Coffeeのうまみ成分が余すところなく抽出され、必ず!美味しいCoffeeとなります。

 

基本原則をおさえたうえで、最高の1杯みつけてださいね。

 

*きれいに形成された『Coffeeドーム(Coffee濾過槽)

 

 

*1回目の抽湯中盤。周辺部にはお湯をかけない。新鮮なCoffeeの証『きめ細かな粒の泡立ち』