美味しいCoffeeを淹れる条件

美味しいCoffee豆があっても、淹れ方が間違っていると美味しいCoffeeにはなりません。以下に最低限の必要事項をまとめました。ご参考になさってください。

 

大前提として、Coffee抽出時毎に、必要量を豆から粉に挽いて使用する

(最も重要なポイント)

《抽出方法》

 

①抽湯温度は、84℃前後(ペーパードリップの場合)

 

②Coffee粉の中心から螺旋状に、Coffee粉全体に滲みる程度に抽湯

 

③Coffeeドームの状態で、30秒程度蒸らす

 

④Coffeeドームの層を壊さない様、中心から螺旋状に抽湯する(淵には絶対に抽湯しない!!)

 

⑤えぐみが出ない様に、前の抽湯が落ちきる前に、次の抽湯を始める

 

⑥抽出量に関わらず、十分にうまみを引き出す為、必ず3回程度(3分程度)に分けて抽出し、規定量に達したら抽出の途中でも、ドリッパーをあげて、抽出を完了する

 

⑦抽出Coffee温度は、60℃前後

 

*①~⑦はあくまで目安となりますので、ご自身のお好みで調整ください。

*併せてHP:動画『美味しいCoffeeの淹れ方』もご参照ください。

 

 

《補足事項》

 

・標準的な目安として抽出量:120ml(標準Coffee cupの7分目程度)に対し、

Coffee豆使用量 8g

 

・標準的な目安として抽出量:180ml(標準 マグ cupの7分目程度)に対し、

Coffee豆使用量10g

 

・複数杯抽出する場合は、1杯あたりCoffee豆使用量を2gずつ減らす

(ex)

:マグcup 3杯分=10g+8g+6g=Coffee豆使用量24g

:マグcup 5杯分=10g+8g+6g+6g+6g=Coffee豆使用量36g

 

 

 

《そろえて頂きたい器具:お勧め》

 

突き詰めていけばキリがありませんが、けっして高価なものでなくても大丈夫です。

また、全て揃える必要もありません。

ご家庭で代替可能なものがあれば、それを使用していただいても問題ありません。

ひと手間くわえて、淹れる直前に豆から粉にし、美味しい淹れ方①~⑦を意識して抽出いただければ、毎日の美味しいCoffeeをお約束いたします。

 

・Coffee豆保存用キャニスター(百均ショップのもので可)

 

・Coffeeメジャースプーン(百均ショップのもので可)

 

・先細ノズルのケトル(百均ショップのもので可)

 

・電動Coffeeグラインダー(挽目調節機能があるもの)

 

・温度計(百均ショップのもので可)

 

・Coffeeドリッパー

(お勧めは、円錐型『ハリオV60ドリッパー02(1~4杯用、Coffeeメジャースプーン付き)』

¥340程度:ネットで購入可)

 

・Coffeeフィルターペーパー(お勧めは、円錐型『ハリオV60用フィルター02(1~4杯用)』

¥150程度:ネットで購入可)

 

・Coffeeサーバ(何でも可:Coffee5杯:600ml程度抽出可能なもの)

 

 

《毎日、手軽に美味しいCoffeeを飲むためには》

 

・各種メーカーで販売されている、グラインダー機能付きCoffeeマシン。各種設定を行えば忙しい朝でも、タンクに水を入れて、Coffee豆を投入すれば、あとは全自動で抽出、美味しくいただけます。

 

 

468 SiMBA Coffeeでは『Coffeeに決まりはない』の基本理念のもと、外せない要諦だけをおさえて頂き、あとはお客様のお好みに判断を委ねたいと思っております。

 

ライフスタイルにあわせて!お気軽に!!Coffeeでリフレッシュしてくださいね。